news / press / media / information

アンテルーム x Panasonic マインドフルネスを基軸にした「(MU)ROOM」

(MU)ROOMでの瞑想イメージ


この度、アンテルーム京都では、パナソニック株式会社と協業し、人間の様々な感覚を刺激し、最適なマインドフルネスアクティビティを提供する新しい宿泊体験ソリューションとして宿泊事業者向けに開発された「(MU)ROOM」をホテル客室に設置し、共同での事業効果の検証を2021年2月10日から行う予定です。

【背景】
人々の価値観や法制度の変化により、単に宿泊するだけでなく特別な体験を提供する宿泊施設が増加しています。
その様な中、当社は世界中で広まりを見せているマインドフルネスを軸としたアクティビティが体験できる宿泊提案に着目。
ミスト、光、音、香りなど、当社が有する様々な技術を組み合わせて室内空間の環境を制御し、人の感覚を刺激して最適なマインドフルネス空間を演出する宿泊体験ソリューション「(MU)ROOM」を開発しました。

【特長】
「(MU)ROOM」は、一般的なシングルルーム居室の設備を置き換えることが可能なパッケージモジュールとして展開します。
物理的に敢えて“何も設置しない”四畳半程度の空間をつくり、早稲田大学 人間科学学術院 熊野宏昭(くまのひろあき)教授 監修の「瞑想プログラム」に応じてシルキーファインミスト*2、照明の調光・調色、空間音響、アロマを連携させるなど、空間の環境を制御し瞑想状態に誘導します。
また、プログラム利用時の心拍と呼吸を計測し、専用スマートフォンアプリで瞑想のスコア化*3を可能にしました。

【ホテル アンテルーム 京都における効果検証の概要】
・期間:2021年2月10日(水)から9月30日(木)まで<予定>
・客室
:1室
検証内容:
 1)宿泊ゲストによる「(MU)ROOM」の受容性評価2)
 2)ホテル運営における導入メリット(優位・波及効果など)評価

【(MU)ROOMの主な機能】
・当社シルキーファインミスト技術
・空間音響技術(ハイレゾサウンド)
・照明制御技術(監修:岡安泉照明設計事務所)
・瞑想体験用アプリ(瞑想のスコア化)
パネル工法(設置スペースに応じてサイズ変更可能な工法)

*1今この瞬間に起こっている体験に意識を向ける心理的な過程であり、瞑想などの訓練を通じて発達させることができる。医療や福祉の現場でも取り入れているケースがある。
*2パナソニック独自の2流体ノズルで生成される極微細ミスト。噴霧後、素早く気化するため、直接当たっても濡れを感じにくく快適な涼感が得られるため、人に近い位置で噴霧ができる従来にないミスト。
*3国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の研究成果展開事業「センター・オブ・イノベーション(COI)プログラム」の支援をうけてパナソニック株式会社テクノロジー本部にて開発。

【本件に関するお問い合わせ先】
パナソニック株式会社 広報部  TEL:03-3574-5661

このカテゴリの前後の記事

前の記事

2020.12.15

【朝食:クリスマスメニューについて】

次の記事

2020.12.28

【1/8追記】Gotoトラベルキャンペーン適用の一時停止について