information / exhibition / event / art / media / news / press

次回展のお知らせ『art bit - Contemporary Art & Indie Game Culture - #2』

2022年8月5日より、ホテル アンテルーム京都 GALLERY 9.5では、日本最大級のインディーゲームの祭典・BitSummitと連携した展覧会及び関連企画を開催致します。

2011年の開業以来、常に変化する京都のアート&カルチャーのいまを発信してきたアンテルーム京都。
2013年より続く日本最大級のインディーゲームの祭典、BitSummit。両者の出会いから生まれた本展では、現代アートのゲーム性とインディーゲームの芸術性、合わせ鏡のような互いの魅力とクリエイティビティのルーツに迫るとともに、京都で育まれ、世界に広がっていったゲームカルチャーの今に注目しました。

初年度となる2021年の展覧会では、ゲームをモチーフや表現手段とした現代アート作品と、独自の作家性や作品の個性が魅力のインディーゲーム作品を両者に共通するテーマの元、相互展示を行いました。
また、ゲームをモチーフにしたアパレルブランドのポップアップストアの開催や、ゲームクリエイターとホテルスタッフによるARゲームの開発、地域の子どもたちが集まるワークショップ、情緒あるピクセルアートの世界に浸るコンセプトルームの作成など、多くの方々のお力添えの元、様々な企画を実現することが出来ました。


2年目となる本年では、新たにアナログゲーム作品やゲームの学術研究に関する展示を加え、アート体験をゲームとして楽しめるゲームセンターのような展覧会を開催いたします。
また、本年も作品の展示に加え、ポップアップストアや、お子様も一緒に楽しめるワークショップ、アーティストやクリエイターを招いたミートアップイベント、期間限定のコンセプトルームなど多数の企画を用意しております。

本展の開催にあたってはプロジェクトに共感をいただいた多くの方々にご支援をいただいており、幼い頃からゲームに親しんできた私たちからゲームカルチャーへのささやかな恩返しをぜひお楽しみください。


会期 2022年8月5日(金)〜10月1日(土)11:00AM〜8:00PM
会場 ホテル アンテルーム 京都 GALLERY 9.5
TEL 075-681-5656(担当:豊川/須山)
住所 京都市南区東九条明田町7番

Organizer 株式会社Skeleton Crew Studio
Sponser Unity
Partners 
asobu  BitSummit EDITMODE hako生活 UMMM room6 TANSAN TSビルド 8-4 京都コンピュータ学院

BitSummit 公式ページ  https://bitsummit.org/ja/

出展作家・タイトル

本展の主旨や現代アートとゲームの繋がりについて、評論家/編集者であり、『PLANETS』の副編集長、『現代ゲーム全史』の著者である中川大地氏に寄稿文をお寄せいただきました。
作品と合わせてお読みいただくと、展覧会をより深く楽しんで頂けます。
(展示会場にて配布予定) 
【現代アート】
contact Gonzo『伊吹島ドリフト伝説』
彌永ゆり子『NET garden』
竹内義博『小さな世界』
副産物産店(矢津吉隆+山田毅)『バイプロダクツキャッチャー​​』

【インディーゲーム】
FINJI GAMES『Chicory: A Colorful Tale』
Giant Sparrow『the Unfinished Swan』
Krillbite STUDIO『Sunlight』
MIYAZAWORKS『イセキクライマー』
Wataru Nakano × MIYAZAWORKS『ボス,ブラインド,ブランデー』
愛知工業大学CGメディア研究室『マジックシャドウ』
辻村奈菜子『ハコニワ』

【ゲーミフィケーション】
井上明人『Walking With Video』

【アナログゲーム】
TANSAN 朝戸一聖『デロス島のゲーム』
するめデイズ ニルギリ『一年生ゲーム』
三浦阿藍『ITE PER DRACONEM(イテパラドラコニム)』

【ゲーム研究】
立命館大学ゲーム研究センター『上村雅之の「遊び」の世界』

関連企画

・「BitSummit」ルーム/「SSS by applibot 米山舞」監修コンセプトルーム​​の展開
日本最大級のインディーゲームの祭典「BitSummit(ビットサミット)」と、イラストレーションのクリエイティブ集団「SSS by applibot(トリプルエス バイ アプリボット)」の米山舞氏による期間限定コンセプトルームを同時に展開します。

https://www.uds-hotels.com/anteroom/kyoto/news/14129/

関連イベント

『art bit Workshop』
日時:8月6日(土)15時00分~17時00分
会場:ホテル アンテルーム 京都 アンテルーム ミールズ
内容:本展の出展作品や、京都芸術大学、立命館大学の学生が制作するゲーム作品をプレイしていただけます。お子様から大人までお気軽にご参加いただけます。

出展者:するめデイズ ニルギリ、辻村奈菜子、三浦阿藍、京都芸術大学、立命館大学
事前申し込み:不要
参加費:無料
『art bit × BitSummit ART & GAME INDIE NIGHT』
日時:8月6日(土)18時00分~21時00分
会場:ホテル アンテルーム 京都 アンテルーム ミールズ
内容:art bit展とインディーゲームの祭典『BitSummit』の開催に伴い、ゲームカルチャーに影響を受けたアーティストやゲームクリエイターのためのミートアップイベントをホテル内で開催予定。交流会に加え、インディーデベロッパー向けの最新情報をお届けするマイクロソフトのID@Xbox, Azureチームによる、ライトニングトーク&ハンズオン、Unity社によるコーナー出展を予定しています。カルチャーの垣根を超えた交わりをぜひお楽しみください。
事前申し込み:不要
参加費:無料 *会場でのドリンクの販売有
■ご来館にあたってのお願い
・感染症対策として、マスクの着用とフロントでの手指の消毒、検温にご協力ください。37.5度以上の発熱が認められた場合、保健所の指示に従い、ご利用をご遠慮いただく場合もございますのでご了承ください。
・館内施設に関して混雑を避けるため、ソーシャルディスタンスを保ってご利用ください。
・会場の混雑に応じて、入場制限や時間帯をずらしてのご利用をお願いさせていただく場合がございますので、予めご了承ください。
・近隣の方やご宿泊の方へのご配慮をお願いいたします。
・ホテルに提携駐車場はございません。近隣のコインパーキングをご利用ください。
・バイク&自転車でご来館の方へ:駐車台数には限りがございます。なるべく公共交通機関のご利用をお願いします。

このカテゴリの前後の記事

前の記事

2022.07.14

【期間限定】「BitSummit」ルーム/「SSS by applibot 米山舞」監修コンセプトルームの予約を開始します